【初版・第二版をお持ちの方へ】訂正のお願い(P.79)

『令和時代の公用文 書き方のルール』の初版(2021年4月28日発行)と第二版(2021年6月15日)をお持ちの方へ

本書P.70の訂正のお願いです。

※第三版以降と電子版では修正済みです。

 

一つ目の見出し”「貸主」と「借り主」?!”の部分

p.79の”「貸主」と「借り主」?!”の2行目を、以下のように訂正してください。

「貸主」はあります。しかし「借主」はないのです。
↓↓↓
「貸主」はあります。しかし「借主」はないのです。

他の部分は「借り主」でよいのですが、ここだけは「借主」ではないかと、読者の方からご指摘をいただきました。

確かに、そのほうが、わかりやすいですね。

Hさん、ご指摘いただき、ありがとうございます!

『令和時代の公用文 書き方のルール』をいますぐ購入する

令和時代の公用文書き方のルール
本書は次のような方にお勧めです

  • 府省庁の職員の方
  • 地方自治体の職員の方
  • 弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など士業の方
  • 国や自治体と、仕事上の文書のやり取りをする方
  • 公式文書の書き方のルールを知りたい方