『令和時代の公用文 書き方のルール―70年ぶりの大改定に対応』目次(抜粋)

第1章 公用文の分類と基本的な考え方

  • 公用文の分類
  • 「分かり合うための言語コミュニケーション」(報告)
  • 広報文は中学校卒業程度の日本語力で理解できるように書く
  • 「やさしい日本語(Easy Japanese)」
  • AIと公用文

第2章 表記の原則

  • 「ローマ字のつづり方」と「ヘボン式ローマ字」
  • 公用文I・IIでの句読点や括弧の使い方
  • 広報文での「。」の使い方
  • 広報文での「、」の打ち方
  • 図表の示し方(表計算ソフトの活用)

第3章 漢字の使い方

  • 常用漢字表はPDFファイルを活用する
  • 「障害」? 「障碍」? 「障がい」?
  • 広報文での送り仮名の付け方
  • 替える? 換える? 「異字同訓」の漢字の使い分け
  • 手書き文字と印刷文字 ―「令」は間違い?

第4章 用語の使い方

  • 専門用語の説明の仕方
  • 「及び」「並びに」の使い方
  • 「又は」「若しくは」の使い方
  • 外来語への対応 四つの考え方
  • 違和感や不快感を与えない言葉の使い方

第5章 文の書き方・文体

  • 一文の長さ
  • 平易度を測定できるツール
  • 文の成文と順序
  • 文章作成ソフトの設定
  • 述部に漢語を使うことのメリットとデメリット

第6章 情報の示し方(文章の書き方)

  • 公用文Iの文章構成
  • 文章作成ソフトでの標題、見出しの設定方法
  • ウェブ文章で見出しをつける
  • 広報文の目的は「行動変容」
  • 前例踏襲から前人未踏へ

付録

  • 送り仮名の対照表(公用文と広報文)
  • 経済用語の組み合わせ表
  • 敬語の使い方
  • 本書で引用している文献一覧(QRコード付き)

『令和時代の公用文 書き方のルール』をいますぐ購入する

令和時代の公用文書き方のルール
本書は次のような方にお勧めです

  • 府省庁の職員の方
  • 地方自治体の職員の方
  • 弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など士業の方
  • 国や自治体と、仕事上の文書のやり取りをする方
  • 公式文書の書き方のルールを知りたい方